確定申告を税理士に依頼するメリット

確定申告とは

煩雑な作業をしなくて済む

確定申告のために、その年の所得を整理してまとめるのはとても面倒な作業です。
特に、事業所得に合わせて配当所得や資産売却による所得が加わり、様々な種類の所得が混在している方はかなり作業が面倒になります。
というのも、税制度には所得の種類によって異なる基準や控除等を考慮しなくてはならないため、計算がかなり複雑になるからです。

皆さんの中の多くの方は、普段の仕事の中で経理や法務、税務等を担当していない限りこうした作業は煩雑で大変やりにくいものであると思います。

その点、税理士の方は確定申告をするために必要な税務や法制度の知識が豊富にある上、たくさんのお客様を担当することによって蓄積した経験があるので、こうした作業を上手にこなすことができます。

誤りが減る

煩雑な作業の他にも、複雑な確定申告で懸念される点があります。
それは所得等の計算を行う中で、計算ミスを犯してしまうことです。
普段、法律を使ったり、税の計算を行わない人がこうした作業をすると、かなりの確率で計算ミスや転記ミスを起こしてしまいます。

あまり重要でない数字でしたら、まだ納税額に与える影響が小さいためひどく心配することはありません。
しかし、所得の数値の中でも特に重要な数値を誤ってしまうと、最悪の場合課税逃れを疑われ、加算税を余分に課されてしまうかもしれません。
こうした計算ミスによる余分な出費を防ぐためにも、確定申告をプロの税理士の方に任せることには大きなメリットがあると言うことができます。


このPostをシェアする