確定申告を税理士に依頼するメリット

確定申告を税理士に依頼するメリット

書類等の抜け漏れを防ぐことができる

今回は確定申告を税理士に任せることのメリットについて見ていきたいと思います。
しかし、そもそも確定申告とはどんなものなのか、これを詳しく熟知している人は少ないのではないでしょうか。
ですのでまず、確定申告とはどんなものなのかについて説明したいと思います。

確定申告とは税金を納めるために、その年にどのくらいの所得があったのかを報告するものです。
一般に企業に勤めている方は、会社の方で年末調整を行ってくれるため、この確定申告に馴染みが薄い方もいらっしゃるかもしれません。

例年1月1日から12月31日までが確定申告で考慮される期間となり、翌年の2月から3月半ばまでに確定申告を完了しなくてはなりません。
ですので、1月から2月までの比較的短期間で書類をまとめて金額を確定しなくてはなりません。

対象となる所得は、事業所得だけではなく、株式保有で得ることができる配当所得や地代所得、資産の処分によって得た所得など様々な所得が含まれます。
ですので、種類の異なる所得を様々考慮しなくてはならないため、この確定申告の作業はしばしば面倒なものなってしまいます。

しかしながら、こうした作業を怠って誤った申告を行ったり、そもそも確定申告をしなかったりすると、加算税といって本来払うべき税金よりも大きな額の税金を払わなくてはならなくなります。

ですので、少々面倒な作業になりますがしっかりと期間内に申告を完了させることが必要になるのです。